第5世代ステルス戦闘機 2016年2月 ATD-X”心神”次期F-3 初飛行へ

ATD-X”心神”第5世代ステルス戦闘機のプロトタイプは、2016年の2月に初飛行が予定されています。

14.2メートル長いと9.1メートルの翼幅で、3次元推力ベクトル制御システムを持つ2つのXF5-1エンジ

ンを持っています。

画像

 いくつかの高度な航空技術やデバイスのステルス性を確保するために防衛省技術研究所と三菱重工業で開

発が行われています。

航空機は、並列チャネルのための送信冗長性グラスファイバーで遠隔制御システムが装備されています。

また、有効な電子戦機器や情報交換の統一されたシステムを持っています。

しかし、すべての上に、ATD-X新進は空力要素の損傷のための自動回復飛行制御の新技術が装備されている

- 旅行コンピュータは、問題を識別しての仕事を修正することができるようになります無傷の要素が完全にハン

ターの制御を回復するようになっています。

この先進的な航空機の設計では、日本の軍事予算に$ 325万ドル​​を要しました。

現在の支援戦闘機F-2 に代わってF-3として、就役するとされています。

画像


ご参考までに、アマゾンへのリンクを添付致しました。商品図のクリックでも結構です。ご検討ください。




旅客機コレクション 1/400 三菱航空機MRJ90(飛行試験機1号機)
トミーテック
2014-11-23


Amazonアソシエイト by 旅客機コレクション 1/400 三菱航空機MRJ90(飛行試験機1号機) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント