シリアで歴史上初めてロボットが地上戦闘に参加。 ユニバーサルロボテックシステム「プラットフォームM」

2015年12月25日、シリア北西部の地中海岸に面しているラタキア(Latakia)県では、ロシアの戦闘ロボット部隊

の支援を受
画像

画像

け、シリア軍は戦略的に重要拠点の通信プロバイダ「SyriaTel」携帯電話タワーが建っている754m丘の支配権を取り戻してきました。
画像


 反政府ゲリラが占拠している高さ754.5mの「SyriaTel」携帯電話タワーへの攻撃には、6機の「プラットフォーム
画像

画像



-M」と4機の「アルゴ」の組み合わせで行います。武装ロボット隊の後方には、152ミリ自走榴弾砲、「アカシア」が
帯同して、敵の砲火位置をドローンが検出したら、その場所を破壊する為に使われます。
画像



偵察用ドローンが、地上敵勢力の行動を監視するために配備されます。 最新画像情報等は、戦地より約5km
離れたフィールドコマンドセンターー「アンドロメダ-D」だけでなく、モスクワのロシアの中央司令部国防参謀にも

転送されます。
画像




作戦内容に応じて戦闘ロボット部隊は、2WD「KAMAZ」、BTR-D、BMD-2およびBMD-4を使用します。


敵の火器砲火を誘致集中させるために、ロボット部隊は、100~;120メートルの距離まで敵陣地に近づき攻撃し

ます。

そして、敵が発砲することで敵の位置を偵察ドローン等が検出し「アンドロメダ-D」経由でその場所データーを受

け取った152ミリ自走榴弾砲「アカシア」が砲撃します。
画像


画像




ロボット部隊に続いて150~;200メートル離れた後方から前進しているシリア軍の特殊部隊はロボットをサポート

しつつタワー残存勢力を一掃攻撃します。


ロボット部隊の攻撃が始まったほとんど20分後に、反政府勢力はそれらの位置を放棄し、タワーの斜面に彼

らの死者と負傷者仲間を残したまま、退去を始めました。反政府派は約70人死亡しましたが、シリア軍特

殊部隊には、死者はなく4人が負傷したとの事です。

 これは、軍事ロボットが敵陣地へ攻撃を行い勝利した戦争歴史の上初めての出来事です。

専門家は、戦場でロシアの戦闘ロボット部隊が戦績を得たことで米国との熾烈な戦闘ロボット開発競争を招き、

戦争の手法そのものが大きく変更することを示唆しています。


イジェフスク機械工場が製造する「プラットフォーム-M」は、キャタピラの車体にロケット弾やカラシニコフ銃が装

備された遠隔制御ロボットのモデルの事です。


プラットフォーム-Mの出現は、そのような知性の収集効率などの活動の多くをもたらすパトロール、検出し、ター

ゲットの移動や固定破壊、ベースを保護することに貢献することができます重要。ロボットプラットフォーム-Mは、

自動的に、半自動的に制御システムを介してターゲットを破壊することができます7,62mm機関銃やグレネード

ランチャーなどが装備されています。

プラットフォーム-Mは、無線偵察や電気によってナビゲーションデバイスが装備されている - 光、検出するため

に敵せずに夜間でも作業を実行できるようにします。プラットフォーム-Mはまた、共通のシャーシを持ち、武器や

異なるデバイスの多数のオプションを装備することができます。

プラットフォーム-Mは、そのような弾道ロケットランチャートンネル大陸間として、軍事、戦略兵器のトップ治安部

隊を配置する自動武器になります。また、シリアの最初の本当の戦争を通じて、プラットフォーム-Mは、装備武

器で戦場での戦闘をより良くすることができます示しました。


「ウラン」 

画像



「Uranium-6」 地雷除去ロボット

画像


ウラン-9
画像

ウラン-9は、インテリジェンスとテロ対策のための偵察任務、火力支援ユニットのために設計されました。偵察、火力支援や輸送用機器やモバイルコントロールセンター:完全な複合体は、2のロボットが含まれています。

ウラン-9の武装は1 2A72自動銃の口径30ミリメートル、同軸機関銃の口径の7,62mm、含ま対戦車ミサイル安宅ナビゲーション、Igla対空ミサイルを。

武装は、レーザー警報装置、ナビゲーション装置、特定し、トラックのターゲットが装備されている顧客のニーズに応じて、このロボットに加えてカスタマイズすることができます。

専門家によると、ウラン-9は、住宅地を含め、テロに対する軍事作戦で特に有用であろう。ロボットの使用は、人

命の損失を減らすのに役立ちます。

ウラン-14 消火用ロボット
画像


Wolf-2 弾道ミサイル防衛ロボット
画像




戦闘用ATV「アルゴ」

ロボット工学サイバネティックス中央研究開発研究所は「アルゴ」をロボットの戦闘のセットを開発してきましたこ

れは、リモートで制御することができます。

「アルゴ」は、設備や人員を破壊するように設計され、landing.Combatシステムのための偵察や火力支援用に設

計されています。

また、全地形万能車は、送達のために使用され得ます。「アルゴ」は、約1トンの重量を量ります。1.85メートル、

高さ - - 1.65メートルマシンの長さは3.4メートル、幅です。毎時4.6キロ - 地上では、彼は水の上に毎時20キロの

最高速度を持っています。連続「アルゴ」は20時間以上働くことができます。バトルロボットは7.62ミリカラシニコフ

タンク機関銃のセットで武装し、3つの抗タンクグレネードランチャーRPG-26は、2手榴弾はRShG-2をラン

チャー。



ご参考までに、アマゾンへのリンクを添付致しました。商品図のクリックでも結構です。ご検討ください。





スター・ウォーズ AT-ST 1/48スケール プラモデル
バンダイ
2015-02-28


Amazonアソシエイト by スター・ウォーズ AT-ST 1/48スケール プラモデル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



京商エッグ QuatroX - クアトロックス - レッド 54050RD
京商エッグ
2014-06-21


Amazonアソシエイト by 京商エッグ QuatroX - クアトロックス - レッド 54050RD の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント