自動運転車によって、交通事故が無い社会が出現するのか

世界では、自動運転の技術開発が激しさを増していますが、自動運転のメリットとして運転負担の減少、省力化

もありますが、交通事故を避ける事ができることも、重要なメリットだと思います。

なぜなら、グーグル自動運転車が事故を起こしましたが、事故の原因は相手側だったとの事。自動運転車は

交通ルールをきちんと守っていたらしいのです。つまり、相手も自動運転車なら防げた事故なのです。

人は誤作動をよく起こします。高年齢者のアクセルブレーキ勘違いはよく知られています。

 しかし、自動車運転での誤作動は交通事故につながります。

 だが、自動運転車であれば、その誤作動を受け付けず正しい運転を行ってくれます。

2020年には、自動運転車が大手自動車メーカーから発売され始めますが、何年かは自動運転システムは、人

間の運転をサポートする形をとると思います。国の自動運転用インフラが整わない場合、初期型自

動運転車は事故を起こす確率は高いと思われます。

当面はネットワーク型自動運転システムインフラを整えることが国の重要な政策となると思います。

歩行者も含めて、相手と相互に通信し、その通信を元に交通を管制するネット型自動運転システムです。

そして、最終的にはロボットAI型に自動運転車はなるのでしょうが、当面はあり得ないでしょう。

しかし、交通事故がない社会が間もなく到来します。

ご参考までに、アマゾンへのリンクを添付致しました。商品図のクリックでも結構です。ご検討ください。





人工知能は私たちを滅ぼすのか―――計算機が神になる100年の物語
ダイヤモンド社
児玉 哲彦


Amazonアソシエイト by 人工知能は私たちを滅ぼすのか―――計算機が神になる100年の物語 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント