ラオセントラル航空  スホーイ スーパー ジェット 100 dev2 の商業運用開始へ

 インドネシアに続いてラオスの商業運転開始したことで、東南アジアの二国で旅客機スホーイスーパージェット100が運用されています。シリアル番号は95026です。

 スホーイ スーパー ジェット 100は現在はラオス国内線で使用されますが、近い将来は国際線で運営するこ

とになります。

スホーイ スーパー ジェット 100の初期不良として空調やタラップ等が問題となっていますが、現在最新生産型

はこれら初期欠陥を改良された、改訂2版(dev2)になっており、ラオセントラル航空が導入したスホーイ スーパ

ー ジェット 100はdev2と思われます。

画像



画像


ラオスの首都ビエンチャンからラオス第二の都市ルアンパバーンの初フライトでは、60人の乗客で、飛行時間は

約30分でした。

しかし、ルアンババーンはラオスで最も人気のある観光地であり、世界遺産でもあります。パークウー洞窟など

の仏教遺跡が有名です。ラオス北部のメコン川とカーン川が交わる地点にある山間の町ですが、元王宮のあっ

た、古都です。王宮や寺院など数多くの歴史的建造物が残されています。
画像



飛行機が空になることはありません。月に作られたこのルートスホーイスーパージェット100で初飛行- ラオセントラル航空キャリア所有の最初の商業飛行。

ラオスは萌の源流ともいえます。

画像


"我々は最近、市場に参入し、ツーリストクラスの低コストセグメントの開発に努めて我々にとって、主要な基準している - 。航空機の安全性や費用対効果的な使用なので、我々の艦隊のバックボーンがスホーイスーパージェット100旅客機になるだろう" - ラオス初の民間航空会社である、ラオセントラル航空Savanfon Phongsavan局長は語った。

ラオス人民民主共和国は、東南アジアにおける二国であるインドネシアの後に操作スホーイスーパージェット100に導入しています、。3ロシアの航空機の引渡しの"スホーイ民間航空機"との契約は2年前に調印された。経済の-契約はビジネスクラスと75で8議席を持つ2つのクラスのレイアウトで6短距離航空機のためのオプションが含まれています。しかし、今の愛人の航空会社は、調達の拡大を述べた。

"Superjets"は非常によくサービスで自分自身を宣言し、我々の乗客は非常に満足しています。私たちは、かなりので、もちろん、我々は協力していきます、その路線網を拡大しようとしている、 " - Savanfon Phongsavanは述べています。




ラオスの民間航空局は、正式に制限なくラオスや航空機の操作で "スーパージェット"の輸出を承認した。近日新しいSSJ100黄緑はラオスからバンコク、ハノイ、ホーチミン、シンガポールへの国際便を運行開始します。

東南アジアの雨季 - も、最も経験豊かなキャリアの厳しい時間:頻繁に雷雨、激しい乱気流。改善された住宅、改良された空気力学 - しかし、 "スーパージェット"のクリエイターは、すべての機会のための船を用意しました。だから、飛行中に乗客が平和的に眠ることができます。

このような、ますます市場における需要の "スーパージェット"として地域の航空機の新世代、。近い将来、ロシアの船は新たな制度の下で海外に出荷されます - ロシアは貸し手とトランザクションの保証人になります仲介を通じて。今供給SSJ100用会社契約は、メキシコ、インドネシア、ラオスからのものである。まだイタリアを含む外国のクライアントの

ご参考までに、アマゾンへのリンクを添付致しました。商品図のクリックでも結構です。ご検討ください。


1/72 スホーイ T50
ドイツレベル


Amazonアソシエイト by 1/72 スホーイ T50 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"ラオセントラル航空  スホーイ スーパー ジェット 100 dev2 の商業運用開始へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。