Apple Watchはネット医療プラットホームとして、ブレイクスルーするか

「Apple Watch」には、着用者の心拍数を測定するための光学式心拍センサーが搭載されています。

この心拍数センサーは着用者の心拍数を一定間隔で計測し続けており、心拍データがiPhoneに少しずつ蓄積さ

れており、「ヘルスケア」アプリでいつでも確認できます。


そして、「Apple Watch」、メディカルリサーチキット Medial ResearchKitとiPhonと介して、医療関係者は、毎日の運

動量や血圧の様子を把握し、心筋梗塞のリスクを計算したりする研究が米国医学研究機関を中心にして世界各

国で行われています。

心拍データから、不整脈の兆候が分かり手術して助かった事例があるくらいです。

しかし、ネットAppleWatchを介して、自宅で応急措置や手当を受けるいわゆるネット医療レベルに進化させるた

めには、たとえば、医療機関と血糖値のデーターをやり取りをして、たとえば小型埋め込み型インシュリン投与器

機を安全に操作するとか、

小型のAEDを埋め込んだ患者の心拍データーをやり取りし、たとえば、心臓停止した場合体内のAEDを作動させ

て心臓を復活させ、リアルタイムで救急車呼ぶことを行う等積極的な医療が必要と思います。

医療機器としてのAppleWatchの登場に期待したいです。

そして、日本のメーターも、モバイル型ネット医療機器を早急に開発販売をすべきではないでしょうか。



ご参考までに、アマゾンへのリンクを添付致しました。商品図のクリックでも結構です。ご検討ください。





"Apple Watchはネット医療プラットホームとして、ブレイクスルーするか" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。