テーマ:医学

皮膚内部から活性化 ビタミンC誘導体 10%は注目!シミそばかす除去も期待!

ビタミンCは、皮膚のコラーゲン生成に必要な成分です。 皮膚から取り込めないビタミンCを誘導体にすることで、皮膚吸収が可能になります。 ビタミンCを体内から吸収するだけではなく、肌に与えるのも重要となってきます。 コラーゲン生成を促進させることで、はだの新陳代謝を促し、シミそばかすを発生した老化皮膚細胞を取り除く、 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性の更年期障害や、美乳づくり、育毛にもイソフラボン(女性ホルモン)のご紹介

女性は、年を重ねるのとともに、女性ホルモン(エストロゲン)が減少していくといわれています。大豆イソフラボ ンは、納豆や、豆腐などの、大豆の胚軸に多く含まれ、女性ホルモンと似た構造をしています。本品は、より美し く快適な毎日を応援します。 年配の女性には、更年期障害対策として必要ではないでしょうか。 女性ホルモンなので、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お肌の若返りと保護にヒアルロン酸でうるおいとしわ取り

ヒアルロン酸は、皮膚に内在している物質で、赤ちゃん肌にはより多くのヒアルロン酸が内在しています。 ヒアルロン酸は、皮膚にとって重要な成分であるにもかかわらず、人は、食べることではヒアルロン酸を吸収合 成することはできません。 だから、年齢を経るごとに、皮膚組織からヒアルロン酸が減少する一方です。 意識的にヒアルロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お肌の若返りにコラーゲン補給

年を重ねると、皮膚からコラーゲンが減ってきますの、関節のクッション、軟骨、腱もコラーゲンで作られています 皮膚のたるみや、しわ、かさつきも、コラーゲン不足でおこります。水晶体もコラーゲンなので、視力維持にも欠 かせません。 スポーツを行う者、年配者、美容にと、コラーゲンは欠かせないのではないでしょうか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お肌のトラブル保護や育毛に馬油(バーユ)が効果抜群

馬油には、細菌を完全に閉じ込める作用があるため、たとえば、肌に塗った場合、完全殺菌作用をします。 馬油には、好転作用があります。血液の流れを速めたり、新陳代謝を高めたりします。 火傷や擦り傷にも、皮膚の再生を促し、傷跡が消える作用をするようです。 馬油は、中国では4000年も昔から使われ、日本に伝えられたのは400年前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IPS細胞の臨床応用

 テレビ朝日によると、慶応義塾大学と順天堂大学の共同研究グループが、iPS細胞を使って難病のパーキンソン病のメカニズムを再現することに世界で初めて成功しました。  パーキンソン病は、手足が震えたり動作がゆっくりになる運動障害を起こす病気で、根本的治療法が確立されていない難病です。  今回、慶應義塾大学の岡野栄之教授らの研究グループは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

iPS幹細胞研究の京大・山中教授、ガードナー博士とノーベル医学・生理学賞同時受賞

日本人のノーベル賞受賞は19人目、医学・生理学賞は、利根川進米マサチューセッツ工科大教授(73)が1987年に受賞して以来、25年ぶり2人目です。 2005年夏に、奈良先端科学技術大学院大学でiPS細胞の開発に成功し、翌年、京都大学に移籍し、2006年(平成18年)8月25日の米学術雑誌セルに京都大学再生医科学研究所教授である山中と特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more